2012年11月21日

浪人時代の総括A〜浪人16


このブログは、勝手気ままに書いているブログです。
なんで、カテゴリー別に見ないと意味が分からないかと
思いますが、ごめんなさい(>_<)


前回の記事を参考にしてください!

じゃあ、前回の記事をより詳しく書いてみます!

>>完治するのに時間がかかるのは、おならについてのとらわれ(恐怖)から
抜け出すのが大変だから。


これは、日常生活から逃げないようにしないと治らないからです。

あくまでも、森田療法的には・・です(笑)

今まで、どうしたらおならが出ないか?を考えてきました。
つまり、おならに関して恐怖心があった

だけど、これからは恐怖心を克服して
おならを言い訳に日常生活から逃げないようにしないといけない。

おならが出るのが怖くて嫌だから、学校にも行かないのに
きちんと学校に行かないと治らない。

日常生活を逃げずに送れるようにするのに時間がかかります。
慣れが必要です。
俺は、9年かかりました(笑)

だから、完治するのに時間が必要だって書きました。
もし、このような病気になったら、はやく病院に
行った方がいいです!

その方が治りが早い。


>>この治療法を続けていけば、物事の見方が変わってくる。
自分の人生に何も光が見いだせない状況から、
やっていけば治るんじゃないかと思えてくる。


慣れるのは大変ですが、やっていくと良くなるかもしれない
という感覚も得る事が出来ます。

まず、逃げずに日常を送っているから
自分に対する罪悪感がなくなること。

そして、これは自分自身の問題なのですが、
今まで治ると思わなかった病気が治るかも知れない。

この期待感で、実際はそこまで良くはなってなくても
自分の未来に光を見る事が出来ました(笑)

>>浪人が始まった。4月〜6月までは、W杯を観たりして
おならの事を深く考えなかった。


とはいっても、常に病気の事を考えた訳ではありません。

おならが出る事を気にするのは、学校にいるとき。

学校がなくなった浪人当初は、まったくおならについて
考えていませんでした。

ただ、友達と遊びに行った時に、たまたまおならが出てしまって
これでは治さないと大学生になっても同じことだと思って、
治そうと決心したわけです。

>>その浪人の時は、日中3人くらいしか来ない公民館で勉強していた。
そのうち1人は、友達だったけど。そこで、色々治す為試行錯誤していた。


浪人時代編の9月〜12月に書かれているから、
良かったら見てね!

>>森田理論の中に「気分本位じゃなく目的本位」という考え方がある。
自分は、これにとらわれ過ぎてしまった。何をするにもこの病気を治す為には、
これをやらねばとかこれができなかったから駄目だとかいつもそういう風に考えていた。

最終的に気付いたのですが、
森田療法の理論なんてどうでも良いんですよね(笑)

俺は、病院の先生じゃないんで。

ただ、日常生活をどうにかして過ごす事。
そうしていくと、段々と良くなっていく事。

これだけで十分です。

色々考えたって、精神を病んでいる人が考えても
悪い方向にいきがちです(笑)

だから、とにかく日常生活を破綻させずに続けていく事です。

この当時は、理論を理解すれば治るんじゃないか?と思っていたところが
あったので、常に自分の行動を森田療法の理論に照らして、
是非を判断していました。

そんな事をすればするほど、常におならを考える事になってしまい、
余計に治るのが遅くなるのに(笑)

考えるよりも、行動して
きちんと日常生活が送れるとの
結果を出すことが重要です!!

>>感情は、コントロールはできないってことにやっと気づいた。
あと、弱い自分を認める=ありのままの自分でいくということも。

こんな偉そうなことを言ってますが、
これもどうだっていいんですよね(笑)

だって、こんな事が分かったって未だに実践できないですもん(笑)

ありのままの自分を認めるって
結構、辛くないですか??(笑)

未だに、過去の事で後悔する事もあるし、
まだまだこの境地にはたどり着けません。

多分、これは人生経験を重ねていくことで
自然に身についていく事だと思います(笑)

それか、病気が完治した時に分かる事かな?

だから、とりあえず置いといて、
日常生活を送れるようにしましょうって事ですね。

今回は、こんな感じで終了!!
あと、もうちょっとだけ浪人編を続けます!
多分ですが(笑)

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

posted by 丸 at 22:40| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

2012年11月18日

浪人時代の総括@〜浪人15


このブログは、勝手気ままに書いているブログです。
なんで、カテゴリー別に見ないと意味が分からないかと
思いますが、ごめんなさい(>_<)


浪人時代編は、打ち切りになりましたので(笑)
今から早急のまとめに入らせていただきます。

一回目は、自分の症状について。

これは、大学入学前に書いた文章があったので、
加筆・修正したのをアップさせていただきます。

この総括ってこの1回で終わりそうだな(笑)

前提として、かなりざっくり書きますが
森田療法では日常生活が送れるならば病気じゃない
って立場をとっています。

日常生活を送れるようにするには、
病気について考えずに、とらわれずに
日々やるべきことをしっかりやるって事ですね。

例としては、おならが出そうだから
授業に出ないみたいな事はしないって事ですね。

この感覚を作業をする事によって養います。

ってことで、本編。

「森田療法についての解釈」

完治するのに時間がかかるのは、おならについてのとらわれ(恐怖)から
抜け出すのが大変だから。

この理論に巡り合う前まで、ずっとどうやってこの病気をださないようにするか
を考えている人にとって、病気がでるかもしれない状況に自らを持っていくというのは、かなり辛い部分がある。

この状況に何度も何度も自らを持っていかないと、完治の為の「気づき」は生まれない。
だけど、自分は2年以上おならについてばっかり考えていたので、
簡単には物事は進まなかった。

これを多少続けていけば、物事の見方が変わってくる。
自分の人生に何も光が見いだせない状況から、
やっていけば治るんじゃないかと思えてくる。

そんな状態から、浪人が始まった。4月〜6月までは、W杯を観たりして
おならの事を深く考えなかった。だけど、ある日、友達と映画を見に行ったときに、
たくさん出してしまった。

その時に、自分はこのままでいけないんじゃないか?と思った。
そこから、大学行く前には治すために頑張ろうと思った。

その浪人の時は、日中3人くらいしか来ない公民館で勉強していた。
そのうち1人は、友達だったけど。そこで、色々治す為試行錯誤していた。

そこで、自分は、このままでもおならは、出ないぞって実感というか気づいた日があった。そこから、病気が一段と良くなった。ただ、全てが上手くいったわけではない。

森田理論の中に「気分本位じゃなく目的本位」という考え方がある。
自分は、これにとらわれ過ぎてしまった。何をするにもこの病気を治す為には、
これをやらねばとかこれができなかったから駄目だとかいつもそういう風に考えていた。

で、この考え方を半年くらい続けていくと、全然治らないじゃないか!とか
逆に自分は、より一層おならにとらわれているのではないか?と思っていた。

あと、病気が治る時は性格が変わるといわれたので、それにもとらわれてしまった。
「性格が変わった?」とか何回もきいてしまったし、常に考えていた。

正にとらわれって感じ(^_^)それで、ずっともやもやした気持ちを抱えていた。
そして、最近これを突き抜けていって、もうありのままの自分でいいんじゃない?
と思って、変に構えないことにした。

例え、おならがでたとしても「あー、出ちゃったんだ。」くらいに思うようにした。
それでも、このころは症状が悪くなる一方だった。

それで、東京に行く前に、
「きちんとこの理論を知らないと、これ以上は良くならないかも。」と思って、
「森田療法」という本を買った。

そこに書かれていたことを自分なりに解釈してみると、
一番大切なことは感情をありのままに感じるということかな。

感情は、コントロールはできないってことにやっと気づいた。
あと、弱い自分を認める=ありのままの自分でいくということも。

だから、もしやるべきことができなくても、そこで駄目だと思うんじゃなくて、
自分はこんな点もあると思うこと。

いつも、理想が高すぎてそれで失敗したらどうしようとばっかりを考えていた。
そんで、何事にもチャレンジ出来なかった。
ここを変えていかないといけない。

失敗も自分の一部だと思って、そのことで、一喜一憂せずにいきたい。

あと気づいたことは、こんなしょうもないことばっかり考えても仕方がないということ。不安をそのままにしておいて、その状況で色々なことに
チャレンジしていかないといけない。

ここが、自分の今いる現状だと思う。


以上です。
これ、あんまりまとまってないんで
次回に解説していきます。

まとまってないのも、当時に書いたんだ感を出したかった
ということで勘弁して下さい(>_<)

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

posted by 丸 at 00:17| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

2012年11月17日

入試終了(2月A)〜浪人14


このブログは、勝手気ままに書いているブログです。
なんで、カテゴリー別に見ないと意味が分からないかと
思いますが、ごめんなさい(>_<)


どうしよう??
もう2月を書くのがダルイ(笑)

もう大学編に向かいたい。

ていうか、ブログ始めてもうすぐ1年になるのに
まだ大学編までいってないのかよ??

なんでなの〜??
なんでかは知らないけどさ。

まだまだ、入試の真っ最中です。

2.17
今日も入試だった。
簡単だったから、受かっているかも。←落ちました(笑)

4時に帰ってきて9時くらいまで寝た。
よほど疲れていたのかな。

今は、『演歌の女王』を見ている。
打ち切りの噂で一杯だけど、最後まで放映して欲しい。

2.18
都市伝説の本を見た。

月の裏側にはUFO基地があったり、2019年にケネディ暗殺の秘密が
発表されるが、その秘密とは宇宙人の存在をばらそうとした事らしい。

そして、2039年に宇宙時代が始まるらしい。

今日は、早く寝よう。

2.19
今日、合格通知が来た。
でも、もうちょい上の大学に受かりたいな。

入試もあと2日だし頑張ろう。

2.20
今日は、親戚のおじさんに
両国国技館と埼玉スタジアムに連れて行ってもらった。

国技館は、存在感もあるし歴史もあるけど、
博物館の見学スペースが小さかったのが残念。

埼玉スタジアムは、とにかく大きかった(笑)

2.22
今日で入試が終わった。本当に疲れた。
しかも、受かりそうにない感じだし、途中で帰りたかった。

今年1年を振り返ると、人間的に少し成長できたし
人に感謝できるようになった。

それに、前向きにもなった。

前は、病気が怖くて前に進めなかったが、
今は、前にとりあえず進んでみようと思っている。

不安もあるが前を向いていこう。



多分、2月の日記は終わり(笑)
入試が終了し、一校だけ受かったのでそこに行く事に。

あんまり勉強もしていなかった自分が大学に行けたのは奇跡。
ただ、今振り返ると大学に受かって満足しちゃったのがダメだったな。

あと、俺はかなり相撲が好きでした。
書くの忘れたけど、浪人中の勉強してない8月までは
ほぼ全取組を見ていました。

ていうか、2月もほとんど勉強してないな。
試験を受けに行っただけ。

一番覚えているのは、泊まったホテルで見た「8マイル」

俺もエミネムみたいに成りあがろうと誓ったのを
覚えています(笑)

学校ないし、家庭もないし
ヒマじゃないし、カーテンもないし
花を入れる花びんもないし
ヒマじゃないし、かっこつかないし

こんなんであってたっけ??


ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

posted by 丸 at 23:06| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

2012年11月12日

第109回 私大入試へ〜浪人13(2月@)

このブログは、勝手気ままに書いているブログです。
なんで、カテゴリー別に見ないと意味が分からないかと
思いますが、ごめんなさい(>_<)


通院開始から、1年が経ちました。

初めて、病院で診察を受けたのが去年の10月31日で
作業に出たのが11月に入ってからでした。

もう1年もたったんだなぁとしんみりします。
あまりにも1年間って早いなぁ(笑)

それでは、今回の話。

前回の話で、1月はセンター試験を失敗して
全く勉強できずに・・って話をしました。

そんな中で、2月の私大受験が始まりました。

なんかまとめようかなぁと思ったけど、だるくなったので
当時の日記の公開という楽な手段で(笑)

2月2日

夜から気持ちがコントロールできない。
昨日からお腹が痛いし。

2月3日

今日は、勉強から逃げた。

センター試験が終わってから、よく何をしているか分からない。
訳分からずに、時が経った感じ。

半端ないプレッシャーだしな。
でも、これを乗り切れたら強い自分になれると信じて。

2月6日

今日もあっという間に1日が終わった。
本当に何をしているかわからない。

とにかく眠たいし、食欲が凄い。

2月7日

いよいよ、明日東京にむけて出発!
結果はどうなるか分からないけど、落ち着いていきたい。

今日も何をしているか分からない1日だった。

2月8日

東京に到着。
人が多くて疲れた。
地元とは違う時間が流れている感じ。

ただ、こんなにも人がいるんだから、
友達になれる人もいるだろう。

とりあえず、心を折らずにやっていきたい。

2月9日

私大入試開始。
結果は分からないけど、感触は良かった。
でも、午前中の試験科目は寝てしまった。

試験中におならが出そうだったけど、出なかった。
何故だろう?良かったけどさ。

ていうか、東京きつい。
人が多すぎる・・。


今回は、ここまでで(^−^)

2月開始から私大入試開始まで。

まぁ、私大はこの初めに受けた所しか
受からなかったんだけどね(笑)

でも、1月からの日記を見たら分かる通り、
ひどい精神状況だったので、
大学に受かったのは奇跡(笑)

どのレベルの大学かは、ヒマだったら
想像してみて下さい(^−^)

そこそこの大学です(笑)

ていうか、昨日の内に書いていたのに
書いているうちに寝てしまった・・。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ
posted by 丸 at 12:01| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

2012年10月30日

1月を振り返って(1月B)〜浪人12

このブログは、勝手気ままに書いているブログです。
なんで、カテゴリー別に見ないと意味が分からないかと
思いますが、ごめんなさい(>_<)


もうすぐ今日も終わっちゃう。
最近、1日の過ぎ方も1週間の過ぎ方も早い(笑)

でも、その中でちゃんとやる事をやってかないとな。
何をやっているか分からない状態だけどさ(笑)

前回、前々回と1月の日記をアップしたので、
今回は、総括をしようかなぁと。

特に、センター試験を。

当たり前だけど、ちゃんと勉強しないと結果はでないよね(笑)
そこが一番、足りなかった。

で、なんで勉強できなかったかというと
病気だから。不安がヤバいからってことになる。

自分で望んで受験しててさ、不安だから勉強できないって
どないやねん!?って感じだよね。

不安で勉強できないんだったら、受験しないで働けよって話(笑)

でも、いざ働く事になったら、今度は面接に受かるか不安とか言って、
結局行動しないんだろうな。

そんなことは置いといて、何が不安だったかというと
大学に受かるかとか色々あるけど、

一番は、大学生活になじめるかどうかに尽きる。

大学に入って、友達が出来るかな
楽しい大学生活が送れるかなって点が一番不安だった。

大学に入っても、高校時代と同じように病気で苦しまないかって不安。

そんな事、入ってみないと分からないのに、
入る前から異常に不安だった。

この不安感のせいで、集中して勉強するってことが難しかった。

そんなに不安だったら、不安の根本である病気を治せって話になるけど、
それも不安だった。

まず、病気じゃない自分になるっていう不安があったから。

こいつは、何言ってるんだと思われるけどさ(笑)

今まで、病気に対してどうにか対処して
現状維持していたのを変化(治す)させないといけないんだから。

それで、良くなるか悪くなるかも分からないし。

今のままでどうにか生活できているんだったら、
あえて病院に行かなくてもいいんじゃないかと考えていた。

だから、本当に切羽詰まってからしか病院に行かなかったんだけどさ。

病人じゃない自分になるって事は、今まで病人だからって
どこか自分を甘やかしていた所を切り捨てないといけなくなる。

普通の人と同じ立場で考えないといけなくなる。

それって、怖くない??

今まで、自分が病人だからって色々な物を妥協していたのをさ、
あなたは病人じゃないから妥協しないでって言われるんだよ。

そんなこと言われたらさ、

今まで自分が病人だからって諦めていた色々な事もさ、
結局自分がやらなかったからいけないんだって事になるじゃん。

そんなの嫌だよ?

そしたら、今までの自分の人生は何だったんだ
って話になるじゃん。

自分で、自分の事を檻の中に閉じ込めて、
私は外の世界に出れない小鳥なのって
嘆いていた甘えていたクズって事になるじゃんね。

だから、病院には行きたくなかった。
だから、病院には行かなかった。
だから、ずっと不安のままだった。
だから、勉強できなかった。
だから、センターを失敗した。

ってコトで、自分が一番悪かったです(笑)
ホンマもんのバカでした(笑)

受験生で、病気を抱えている人は
迷わず病院に行ってください。

自分みたいにいつまでたっても、
後悔するハメになります(笑)

次回は、私大受験の2月の様子を書きます(^.^)/~~

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ
posted by 丸 at 00:04| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編