2014年09月20日

結果は時の運

すごい久しぶりにブログを更新。

やっと色々と落ち着いてきた。

何をしていたかは、おいおい書くとして

最近気づいた事。

結果は時の運。


良い結果=原因+時の運

悪い結果=原因 


結果には、全てそういう結果になる原因がある。

でも、同じような原因があるとしても

結果は違う。

そこには、 時の運 があるから。

だから、努力しても、必ず良い結果にはなるとは限らない。

だけど、良い結果になるような事はする必要がある。

どこが調査したアンケートだったかは、忘れたけど

富裕層にどうして自分がこの地位にいられると思いますか?

って聞いたアンケートがあった。

そしたら、8割くらいの人が

運が良かっただけです

って答えたらしい。

もちろん、謙遜もあるかもしれないけど

結構、これが真実かもしれないなぁと思いました (>_<)
posted by 丸 at 22:40| Comment(0) | どうでもいい話

2013年03月27日

病気が治ったきっかけ

プロフィールにしか載せてなかったので、
記事にしました(笑)

こっから、大学卒業まであと何年かかるか分からないので(笑)


きっかけは、塾の休み時間に人前でおならをしてしまった事でした。
今まで、人前でおならをしたことはあったのですが、音のある「おなら」をしたのは初めてでした。

そこから、人前でまたおならをするのではないか?という恐怖に支配されるようになり、塾でおならを頻繁にするようになりました。

しかし、中学生の頃は塾の時だけで学校や遊びに行く時などでする事はありませんでした。

そして、高校受験の終了と同時に塾をやめると、すっかり症状の事を気にしなくなりました。

病気になり、常にその事を気にしていたので、病気が治ったと思いこみ、解放感からか性格が凄く明るくなり高校に入学するまで毎日のように遊んでばかりいました。

それは、高校入学をしてからも続き、

もしかして、俺って高校デビューできたんじゃない?

と思い、凄く楽しい日々を送っていました。

そんな日々が続くと思っていたGW明けのある授業で、隣に座っていた友人がおならをしたのを聞いてしまいました。

その時は、昔の自分もよくおならをしてたっけって感じに思っていたのですが、ここからが悪夢の始まりでした。

・授業中もおならが出る
・遊びに行っても出る
・人前にいると何をしていてもおならがでそうになる

といった感じに症状が悪化していき、最悪な高校生活を送ることになりました(笑)

おならの事ばかり気にしていたので、もちろん勉強が出来ているはずもなく、
大学に行くために浪人する事となりました。

その浪人生活は、もう人前でおならを気にする必要がないんだと思い、
解放感で夏までは何も勉強していませんでした。

家にほぼひきこもり、ずっと「サカつく」というゲームをしたりして過ごしていました。

しかし、9月位になりこのままだと絶対に大学にいけないと焦りだし、
1日10時間以上勉強するようになりました。

そのおかげか大学に1校だけ受かる事が出来て、見事に大学生となる事が出来ました。

大学1年の頃は、浪人時代に人とほとんど話していないために、人とのコミュニケーションが
全く分からず、サークルには所属だけして、ほとんど友達のいない大学生活を送っていました。

病気については、大学は単位は結構簡単にとれるもので、
症状が出そうと思ったら授業に行かずに休んだり、
出席が必要ない授業にもほとんど行きませんでした。

でも、試験前だけ友達を作り、その人のとったノートをコピーして試験に臨むという
ダメダメな大学生を送っていました。

そして、大学1年の春休み。

数少ない友人がバイトを紹介してくれました。

そこは、ネズミ講みたいなことをやっているバイトでした。

基本は、派遣のバイトをするのですが、その派遣のあっせんをやっているのが怪しい人達で、
この怪しい人達に新たに人を紹介する事ができたらどんどん地位が上がっていく仕組みでした。

この怪しい人達が新しい事業を始めるから、その為の幹部候補生が必要だ!
この新しい事業は、絶対にもうかるから幹部候補生になった方がいい!

という感じで勧誘をされたと思います。

5人紹介したら時給があがり、10人紹介しても時給があがり、
20人以上紹介できたら派遣のバイトをほとんどせずとも月に20万円ほどもらえるようになり、
幹部候補生になれるって形でした。

地位が幹部くらいになると、外車を買ったり、
多分月に100万円くらいはもらっていたのではないでしょうか?

そのかわり、最低時給で毎日のように働かされました。

それと、毎日のように
「今日は何をしている?」
「バイトやらないの?」
等の電話や

いつまでに何人紹介して実際にバイトに入れれるかのノルマを書かせて、
それが達成できないと毎日のように催促の電話をしてきました。

またそれを達成させるために、毎日のように会社に来させて終電前まで
ノルマ達成の方法の講義を受けさせられました。

また、実際にノルマを達成しても、時給が上がらなかったり、なんくせをつけられる人が結構いました。

自分達みたいな地位が低い人をたくさん働かせ、もうけさせる仕組みなんでしょう。
幹部候補生の椅子はあと少ししかないから、もっと競争させるみたいな事も言っていましたし。

実際に、大学を辞めてまでもこれにはまる人もいました。
幹部候補生になったら、絶対に金持ちになれるってな感じで。

一種の洗脳ですね。

当然のようにそのバイトが嫌になり、春休み中でやめました。

やめた時に、みんなはこういう経験絶対してないよな。
だったら、これを経験できた俺って凄いんじゃない?

という謎の理論が自分の中で完成し、自信がついて積極的になり症状も良くなってきました。

それから、大学3年の夏までには、サークルのイベントの幹事をやったり、
毎日のように飲み歩いたり、インターンにいったり、彼女を作ったり、
2つほど新しいサークルに入り、最終的には自分でサークルを作るまでになりました。

が、3年の夏に色々やりすぎたせいか、心が折れてしまい3カ月くらいほぼ引きこもってしまいました。

そのせいで留年しました。

引きこもりから回復はしたものの中々昔のような状態にならず、ずっと心の中でもやもやしていました。

そして、また2カ月ほど引きこもってしまい、もうこれではダメだと思って
9年目にして両親に泣きながら病気のことを話し、
2011年の10月から森田療法という治療法を行っている病院に通院しました。

4カ月ほど通院すると、社会から隔離されているし、一体自分は何をしてるんだろうと思いだしたり、
刺激がなさ過ぎてつまらねぇ〜と感じ始めました。

そこで、1カ月間きちんと通院出来たら
退院しますと先生に言いました。

きちんと1か月通院した後、先生に相談すると、
「症状も良くなったから、もう通院しなくて大丈夫だよ」
と言われたので、通院をやめました。

そして、通院がおわるとすぐにバイトを探し始め、見事バイトの面接1回目にして、
居酒屋のバイトが決まり、1年間続けました。

退院から就職までの1年間は、リハビリ期間と自ら称して
「とにかく続けること」「結果を出す事」を意識して生活しました。

この2つが病気を完全に治す自信につながると考えたからです。

続けることが一番の課題だったし、
結果を出さないと周りの見る目が変わらないと考えたからです。

色々大変なこともありましたが、
簿記2級や剣道初段、大学卒業、バイトを1年続けるなどし
最終的には内定を頂き、フィリピンに留学するまでの状態に持ってきました。

多分、病気とは一生の付き合いになると思うので、治ったとは言いません。
ただ、社会生活を人並みに送れるようにはなったと思います。

次の課題は、「病気である自分」という意識からの脱却です。

今までどうり、のほほんと頑張りながら
何かしら新しい行動をしていって、自分を変化させていこうと思います。

行動をしていけば、周りが変わるし、
最終的に自分が変わる事につながると信じているので。
posted by 丸 at 17:31| Comment(0) | どうでもいい話

2013年02月21日

小さな引きこもり期間

お金を払わなかった結果、ブログが停止していました(笑)
URLを変更して再開したので、よろしくお願いします(>_<)


引きこもっていた時について考えてみた。

1回目が大学3年(1回目)の3か月。
2回目が大学4年(1回目)の3か月。

1回目って書いているのは、3年と4年は2回経験したからです(笑)

1回目は、色々とやりすぎた結果。

サークル作って、学祭の企画もやっていたら、
頭の中がスパークしてしまった。

ていうか、そもそもが大学2年の終わりころから
このままじゃスパークするって分かっておきながら、
結局スパークした。

そもそも色々やっていたけど、
自分は何がしたいんだろう?感がぬぐえなかった。

毎日のように飲み歩いていたけど、
一体、自分は何をしているんだと思っていた。

何をしていても中途半端で、継続できなくて、
そんな自分が悲しかった。

この頃は高校時代に楽しい思い出がなかったから
それを取り戻すべく行動していたんだけど、
何かむなしかった。

高校時代を大学時代に取り戻しても、
じゃあ、大学時代は何のために存在しているの?
って話になるもんね。

そんな日々の途中で、
ある日緊張の糸が切れた音がして
そっからダメになっちゃった。

2回目はっていうか、1回目からクソみたいな生活をしていて、
ある日もう全てがどうでも良くなって、引きこもった。

この時期は、親とも連絡を断って、一人で放浪の旅に出ようと考えた。
知り合いとは、もう二度と会わないと思っていた。

結局、親と連絡を取らなかったから、親が来てしまったんだけど(笑)

ずっとゲームをしていて、このまま世界が止まっちゃえばいいのに
って考えていた。

昼の4時か5時に起きて、そっからずっとゲーム。

ゲーム、ゲーム、ゲーム。

風呂なんて週に1回くらいしか入らないし。
風呂に入らな過ぎると、頭がかゆくなるんだよね(笑)

朝の3時に腹が減りすぎて、オリジン弁当に行って
飯を買って食うけど、空腹状態でバカ食いするから
食べ終わった後に、いつも吐いていた。

しまいには、飯も食わなくなって
3日間何も食べなくなっていた。

それでも、ゲーム、ゲーム、ゲーム。

何かについて考えるのが怖いから、
ずっとゲームの事ばかり考えていた。

携帯もずっとオフ。

あの時の自分からここまで来れたと思うと
少し嬉しい(^−^)

あそこが人生の底だった。
希望もない、真っ暗闇な場所だった。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

posted by 丸 at 03:43| Comment(0) | どうでもいい話

2013年02月12日

ブログについて

多分、ブログが復活したはず・・。

今までは、enjoykokoro.comだったのが、

http://enjoykokoro.dojin.com


に変更になりました。


なんで変更されたかというと、
俺がドメインにお金を払えず、
ドメインが停止されちゃったから(笑)

多分、これからもボチボチ続けていくので、
よろしくお願いします(>_<)



posted by 丸 at 15:57| Comment(0) | どうでもいい話

2012年12月28日

人生いろいろ

このブログは、勝手気ままに書いているブログです。
なんで、カテゴリー別に見ないと意味が分からないかと
思いますが、ごめんなさい(>_<)


2浪して3留して就職した先輩がいる。

5浪して美大に入って就職した先輩がいる。

議員の夫が急死して夫の代わりに議員になった人がいる。

どうしても、議員になりたくて新卒の時に
議員100人にメールして議員の秘書になった人がいる。

地域の振興をしたくて、
ずっと契約社員のまま地域の祭りや行事に
関わり続けている人がいる。

その人についていくために
会社をやめた人がいる。

留年したのを機に
留年者の就職のためにと
就職サークルを作った人がいる。

テレビの構成作家になりたくて
就職せずに弟子入りした人がいる。

25までカフェで働いていて、
ふと見た求人雑誌に載っていた議員秘書の仕事に応募して、
秘書になり議員になった人がいる。

フリーターだった人が求人雑誌でみた議員のドライバー募集に
応募してドライバーになった後に、秘書になった人もいる。

人生、色々ですね。

俺もちょっとは頑張らないかん。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

posted by 丸 at 12:12| Comment(0) | どうでもいい話