2013年04月21日

読書1「キャリアと未来地図」の描き方

読書1「キャリアと未来地図」の描き方

やっと本を3回読み切った。
毎日じゃないけど、電車の中で読み切った。

これと英語の本も読んでいるし、
小説も2冊読み切りそう。

なんかめっちゃ読んでいるな。

で、なんで読んでいるかというと、

○色々な知識を入れたい
○少ない時間でインプットできる練習
○疲れている中でもしっかり理解し、アウトプット出来るようになる練習

でも、だんだん読む時間が早くなっているから、
成長しているかも。

ってなわけで、まとめ。

この本は、

「労働(ライスワーク)と趣味(ライフワーク)を両立して
頑張りましょう」

ってのが主題。

そんでもって、

労働→仕事
趣味→特技

の領域に持っていきましょうと。

仕事と特技っていうのは、
自分で労働や趣味の内容を創造して、他人に評価される状態ってこと。

仕事→部下をもつ、自分で仕事を創れる
特技→お客さんを呼べる、生徒を持てる

等の状態です。

そういう状態になると、
仕事で学んだ事が特技にも生かせるし、その逆もあるようになるってこと。

つまり、この状態まで持っていけば成長のスピードがあがるって事。

ってことは、キャリアップにつながりませんか?と。

まぁ、こんな感じ。

そうする為に、今の労働・趣味を4つくらいに細分化して
どの位のレベルか把握して、突き進みましょうと。

めっちゃ短くなったけど、こんな感じの本でした笑

興味があったら、読んでみてください(^−^)

次回は、

「タイムデザイン」 泉 正人

です。
posted by 丸 at 22:39| Comment(0) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: