2012年02月05日

周りとの関係(1ヶ月目)〜通院生活3

今日、コメント欄みて泣きそうになりました。
よしださん、本当にありがとうございます。

これを励みにブログの更新を頑張らなくては・・!!

そんなテンションもあがりまくっている今回は、一緒に作業をしている患者さんとの関係について書いていこうかなぁと思います。

なんだかんだいって、初めの内は

なんでこんなところに来ているんだろう?

という気持ちが強くて、なかなか周りに心を開く事が出来なかったですね。

自分も病人なんですが、いまいちその事を認められない自分がいて、

なんで病人ばっかりのところに居なくちゃいけないんだ

という気持ちが凄い強かったです(笑)

誰だって初めはそうなると思います(笑)

なんか異次元の世界にきたなと(笑)

俺はこの人達とは違うんだから、早く退院しなければと感じていました。

だから、初めのうちは病気であることを周りの患者さんに言うのも苦しかったですね。

だって、俺はあなたたちとは違うんだから、自分の事を全部言わなくてよくねぇ?

くらいに思っていました。

すぐいなくなるしねぇ〜みたいな(笑)

まぁ、実際は俺も周りの患者さんたちと一緒なんですけどね(笑)
今なら素直に思えますね。

だから、全ての事は周りにさらけだせなかったですね。

また、今まで病気であることを皆に隠して生きてきて、それが180度変わって皆にさらけ出さないといけない環境になり、その変化に上手くついていく事が出来なかったです。

こうやって、なんでも自分の中で完結させていたから、病気にもなったし病気も長引いたとも思いますが。

ただ、学校でもそうですけど毎日、一緒に接していると親しくなるもので。

初めに持っていた偏見も無くなって普通の友達みたいな感覚になってきました。

それもそれでまずいんですけどね(笑)

みんな、自分より年上だし。

とにかく、親しくなったという事です(笑)

みんな、病気ではあるけれど普通の人だし、一般人と大して変わらんな〜と今では思っています。

治療方法が作業をみんなでする事なので、本当に重病な人は入ってこないという事もありますが。

また、病気であることを普通に言える環境は、普段の生活では中々得難いですね。

自分の病気の悩みも率直に言えますし、相手も相手自身の経験を踏まえて答えてくれるので、凄い良い関係なんでは?とは感じています。

この先、自分が何か困った事があっても、プライドとかを捨てて素直に言える関係ですね(笑)

こういう人達に出会えただけでも、通院をして良かったなぁとは思います。

この1ヶ月目ではそんな事は思っていないんですが(笑)

1ヶ月目は、まだ自分は普通なんだ、この人たちとは違うんだっていう意識が強かったですね。

だから、心が開けなかったんじゃないかなぁと思います。

久しぶりに書くと上手く書けないなぁ(笑)
継続は力なりって本当の事だったんだなぁ。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

今回は、みんなに感謝の気持ちを込めて
KOKIA「ありがとう」

posted by 丸 at 17:44| Comment(0) | 通院生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: