2015年08月26日

2013年からの近況@

全然ブログ書いていなかったけど、

「最近、書いてないよね」

って言われる機会が3回程あって、

「今日帰ったら書きます」

って言ったけど、書かなかったけど。

こんなクソつまらないブログでも読んでいる人がいるんだと思いまして、

再開しようかなと思いました。

この気持ちがいつまで続くんでしょうか?

でも、最近色々な事を継続出来てきている気がするので、

頑張ってこれから続けていきたいなと思っています。

なんかこのブログも何かのテーマについて書いて、

でも書ききれないって事が続いていて、

全部中途半端だけど、いつかは全ての中途半端な事について書ききる事が出来る日が来ると信じて

とりあえず書いていきます。

ていう事で、現状について。

一昨年9月頃(2013年)  

地元に帰る

2013年12月頃まで 

親を病院に連れて行く以外は、

「ウイイレ」と「太閤立志伝」、「サカつく」をする日々。

2013年12月半ば

父親に怒られる

じゃあ、「公務員になる」と返答する。

2013年12月末〜

ひたすら公務員試験の勉強をする

1日10時間以上くらい

まぁ、勉強出来ない日もあったけど笑

2014年2月 

おじいちゃんが亡くなる

まぁ、6月くらいから寝たきりだったから仕方ないけど。

亡くなる前の日に、おじいちゃんが近くに現れた気がして

父に

「明日、病院に行こう」

っていった日が変わった朝4時くらいに亡くなった。

おばあちゃんが亡くなったって言われた瞬間に

気を失ったのがコントみたいだった笑

こんなの現実世界にもあるんだって感じで。

で、亡くなってからが大変だった。

だって、眠れないし。

4時に亡くなり、家に遺体を返さないといけないので、

朝5時から7時までおじいちゃん家の片付け。

で、遺体が返ってくる。

親父は、仕事が詰まってるから仕事へ行く。

そっから、親戚への連絡と葬儀社の選定。

病院が3社くらい我が病院の指定葬儀社ですって言う。

考えられない程、精神的にも肉体的にも疲れている私達。

一番近い葬儀社を選ぶ。

親戚に連絡する。

そして、諸々の準備をしたら、13時くらい。

で、通夜や葬式に必要な物を買いにいく。

少し、仮眠。

で、夜は、じいちゃんを囲みながら、親戚と話す。

で、親父は仕事から帰ってくる。

勿論、葬式の挨拶なんて考えていない。

だから、俺も一緒に考える。

ていうか、俺が7割以上考える。

で、やっと寝れる。

そんなこんなで、葬式当日。

親父は、仕事とじいちゃんが亡くなった事で疲れきっているし、

母親は病気で無理出来ないし。

って事で、俺が誘導とかしてみる。

お別れ会の買い出しもする。

人の送迎も勿論、自分がやる。

めっちゃ疲れた。

でも、親父が俺がほぼほぼ考えた葬式の挨拶を読んでいると、

なんか泣けてきた。

ていうか、俺、じいちゃんが亡くなった事にそんなに思い入れない笑

よく家族っていうか親族との距離感が分からないから。

だけど、親父は別。

本当に、コミュニケーション能力はないけど、仕事だけは頑張って、

自分の会社まで持っているし。

そんな親父が泣きながら、挨拶してるのを見ると俺も泣けてきちゃった。

この病気になって初めて、他人のために泣けた。

森田療法的には、神経病患者は人のためには泣けない。

自分の事しか考えられないのを神経病患者って定義されているから、

自分の事で泣けても他人の事では泣けないって定義されている。

でも、俺は泣けた。もしかしたら、治りかけてきているかも。

もちろん、今でもおならをしたりってあるんだけどね。

それでも、前より良くなった。

これは、この「泣けた」って経験が大きいし、

後、年も取ってきたから、あんまり気にしなくなってきたかも。

これに近い事を主治医に言ったら、

「おじいちゃんが全部、悪いものを持っていってくれたんだよ」

って言った。

本当かどうか分からないけど、

良い話っぽいから先生が言った事を信じようと思う。

おじいちゃん、ありがとう!!

あと、2〜3回程近況を書きます。
posted by 丸 at 00:11| Comment(1) | 現状