2012年10月08日

大学合格に向けて・・(9〜12月@)〜浪人時代5

誕生日が来たら、猫3匹あげるから
マレーシア上空舞う マジ笑える

っていうオレンジレンジの曲の歌詞が
何故か頭から離れません(笑)

たまに、道路でもつい口ずさんでいるんで
通行人に変な目で見られています(>_<)

そんな感じですが、今回の話。

前回、前々回と書いた通り8月は、
家庭教師と一緒に勉強していました。

でも、大学生だったのもあって、
8月で東京に帰ってしまいました。

その後のお話〜。

その後は、もちろん勉強しました。

病気になって良かった事と言えば、
何か一つの事に短期間だけだけど
のめりこめるようになったこと。

森田療法の本に神経症になる人は
「何かに執着しやすい」
って書かれていました。
 
自分でいうところの
「ご飯を食べると、おならが出てしまうかもしれない」
という強迫観念の事です。

この執着心が普通の人より強いから病気になるんだと思いますが、
裏返すと、それだけ何かにのめりこめるってこと。

この神経症患者の特質がいかんなく発揮されて、
9〜12月は週6日は10時間以上勉強していました。

残りの1日は、だるくなるんで
長時間は勉強しなかったんですが(笑)

スケジュール的には、

「午前」
7時半 起床
9時  勉強開始(図書館へ)
 ↓
12時 午前の勉強終了

「午後」
13時 勉強開始
 ↓
17時 勉強終了(帰宅)

「夜」
19時 勉強開始
 ↓
寝るまで 

ってな感じです。

勉強って書いている所も、
1時間につき10分は休んでいます(笑)

で、図書館で勉強してました。

毎日、図書館が開く前に行って、図書館が閉まるまで
勉強し続けるって生活をしていました。

だから、ほとんど家族以外の人とはしゃべらない
生活を続けていました。

図書館にも行き続けると色々あります。

置き引き犯を捕まえてみたり。
中学時代の友達に会って、一緒に勉強したり。
ホームレスと顔見知りになったり。

そこらへんは、次回にでも書きます。
なんか気合が入らなかったから、あんま書けなかった。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ
詳細のプロフィールはこちら
posted by 丸 at 23:31| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

猛勉強時の病気について(8月A)〜浪人4

今、ズブロックをサイダーで割って友達と飲んでいる。
マジ酔っている(笑)

ちょっと吐きそうだけど、とりあえず書きます。

前回、8月に猛勉強したことを書きましたが、
その時にこいつは病気をどうしたのか?と
皆さん、疑問に思ったでしょう。

ていうか、前回の記事を書いた後に、
この事を書いていない事に気づきました。

という事で、今回はその事を書こうかなぁと。

実際、家庭教師とマンツーマンで勉強していた時も
おならは出ていました。

家庭教師も気付いていたでしょう。
でも、彼は気にしなかった。

ていうか、お金をもらって家庭教師をしている訳で、
そんなことは気にするわけもなく。

だってもらえるお金がかかっている訳だし。

世の中、お金が大事です。
一番かは分からないけど、
お金がないと生活できないし。

だから、彼は気にしなかった。

で、そんな状況で自分はどうしたか??

自分も気にしない様にしないといけないという(笑)

どんなにおならをしても、
相手は何も反応しないし、
延々と授業を続けるし。

だから、どんなに辛くても
おならを延々とし続けても
その場には居続けないといけない。

でも、一つだけ良かった事は
生徒と先生という関係だった事。

対等の関係だったら、相手と常に対等でいたいから
自分がおならをしてしまったら、自分は相手より下の存在だと思ってしまうし。

でも、先生と生徒の立場だと
自分が立場が下で、自分がおならをしても
立場は変わらないからその点は楽だった。

だから、もうどうにでもなれって気持ちで臨んでいた。

そんな状況だから、もちろんずっとおならをし続けました。

家庭教師との勉強している間は、
おならをしている苦しさと切なさと悲しさに耐えながら、
長時間の勉強による苦痛とむかつきといら立ちを抱えていました(笑)

そんな状況の中で、どうにか自分の精神状況を整えながら
勉強していました(笑)

今回はかなりコンパクトにまとまった。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ


We Are Scientists - I Dont Bite

posted by 丸 at 00:28| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編