2012年10月21日

第100回 なりたい自分について


ついに100回目の記事!!

何事も続かった自分にしては、10か月も続いたなんて凄い(笑)
これからも気ままにやっていこうっと。

で、100回目になんか書いて欲しいのありますかって募集したけど、
誰もコメントがなかった(笑)

まぁ、見ている人も少ないので仕方ない。
しかも、唐突にノリで書いたしな(笑)

そんななんで、今回は自分でテーマを決めました!!

「なりたい自分について」

何となく書いてみようと思いました。

なりたい自分は、一言でいえば
何事にも余裕を持って、行動できる人です。

具体的には、
○何事も受け止められる人
○常に前向きで余裕がある人
○現実の自分を客観視出来る人
○常に何かの目標を持って行動している人
○確固たる将来の自分像がある人

ってなところですかね。
凄く多くなってしまったけど。

今の自分は、ガスおなら恐怖症の症状より
不安神経症的な症状が強いです。

常に不安感があります。
あと、何か行動するのも結構ダルイです(笑)

そんな中で、自分としては、

不安な気持ちを常に持つ自分
何かを行動するのが辛い自分

を受け入れられる自分になりたいなぁと。

こういう性質をもつのが今の自分で、
それを受け入れて、なおかつ、違う自分になるために
日々頑張れる人になりたいなと。

頑張るってことは、
現在の目標に向かって進んでいく事(今は、就活)
将来の自分の為に何かをする事(今は、英語だったりFPだったり)
ってとこですかね。

現在の目標は当然として、
将来の自分の為にも何かをしないとね。

どんな経験・勉強でもやらないよりやった方がましだし。

知識・経験をまず身につけて、
実践(仕事だったり)に生かす方法を考えていく
ってのを生きている間はしないといけないのかなぁと。

そんな偉そうなことを言っても、
現実にはそんなに上手くはいかない訳で。

でも、現在の自分は出来ないんだってことを受け入れて、
それを改善するために進んでいかなきゃな。

じゃないと、病気も良くならないし。

そんで、そういう日々の積み重ねを
将来本当にやりたい仕事の為に生かせられたらなぁと。

今の自分は
将来はこの仕事を絶対にやりたいっていうのがない。

病気になってから、将来の事が考えられなくなっていて、
その癖が抜けていない。

まだ、将来への明るい展望なんて開けていない。

だけど、3か月先の事などは
考えられるようになった。

それが、今の自分の現在地。

来年には、1年先の事が考えられるようになれたらいいな。

そのためにも、今を頑張らなきゃな。

そして将来の自分が見えないのは、
仕事をする自分っていうのが
いまいちイメージできないのがあるからかも。

それに、仕事を始めてずっと続けられる自信がまだない。
とにかく、3年続けられたら自信がつくと思う。

だから、今の自分は3年間働けそうな所で働きたいって位しか
仕事場を選ぶ基準がない(笑)

もちろんその中でも、
自分がやりたい仕事とか好きそうな仕事とか
でフィルターはかけているけどさ。

こんな戯言ばっかり言ってますが、
とにかく今は将来の自分の為に
1日1日無駄にしないように行動していく事が目標です。

そんでもって、また8月のように症状が悪化した時は、
素直に今はダメな時期なんだと認めて
また元気になるまで耐えていこうと思っています。

耐える時でも、バイト・就活や絶対にやめないようにしたい。

ブログは書かなくなるけどね(笑)

あんまり上手くまとまらなかったけど、
次回からはいつも通りの体験談の更新に戻ります(^−^)

また、次回(^.^)/~~

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ
posted by 丸 at 19:58| Comment(8) | 目標

2012年10月17日

第99回 泣く事+ラジオ(9月〜12月D)〜浪人時代9

前の記事に書きましたが、もうすぐで100回目を迎えます(^−^)

そこで、100回目に何か書いて欲しいのがあれば、
コメント欄やらに残して下さい!!

何か書かれていたら、日曜日にその事について更新します。

何も書かれてなかったら、何事もなかったように進めていきます(笑)

そんでもって、今回のお話です。
といっても、今回は番外編みたいなものです。

この頃の自分は、泣く事にこだわっていた(笑)
正確には、涙を出すこと。

なんでかって言うと、森田療法の本に

神経症の状態だと他人に対して感情を向ける事が出来ない。
常に、自分の事だけ気にしているから。
だから、他人の事で泣く事はないと書かれていたから。

それから、他人の事(例えば映画とか)で泣く事が出来る=病気が治る
って頭の中でなっていた。

感動する映画とかやっていると、
もしかしたら泣けるかも??って思って
見るけど泣かない(>_<)

そんな事が何回かあった。

で、最終的に泣く事は出来ないって事に
自分の中で落ち着いた(笑)

今でも、自分が不甲斐ないからって泣く事はあるけど、
他人がどうしようが泣いた事はない(笑)

葬式とか行っても泣かなそうだから、
ちょっと心配(笑)

でも、泣かないって事は強い男の特徴ってコトで(^−^)

で、ラジオについて。

実家は、テレビがリビングにしかなくて、
部屋に戻るとずっとラジオを聞いていた。

勉強しながらも聞いていたし、
寝る前までずっとつけっぱなし。

ほとんどラジオと共に過ごしたと言っても過言じゃない。
この時は、ラジオの番組表が頭に入っていた。

ラジオを好きになったきっかけは何となく。

部屋で音楽を聞いたりするよりは、
人の話でも聞いていた方が面白いんじゃない?
って思ったから。

部屋で無音で過ごすっていう選択はあり得なかったから、
どっちかというとラジオがいいなぁって感じ。

で、聞いてみたらハマったって感じかな。

ていうか、テレビよりラジオの方が面白いと思うんだよな(笑)

ラジオは、聞きながら何かをする事が出来るから、
テレビのように画面にくぎ付けになるってことはないし。

画面が見れないから、声だけであれこれイメージ出来るのも
面白いし。

ネットより面白いかは分からないけど。

でも、ネットも大して面白くないよね(笑)

ネットをするくらいだったら、
ラジオを聞きながら本でも読んでいた方が面白い(笑)

なんか大して書くことなかったな。
いつも長めだから、今回はこの位で(^.^)/~~

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ


posted by 丸 at 21:46| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

2012年10月16日

第98回 おならへの対応(9〜12月C)〜浪人8

今回の記事を含めて、あと3回で総記事数が100回!!

よくここまで書いたなぁって感じです(^−^)

今年1月に始めたんですが、その時は通院中でした。
そっから、バイトを始め、大学に行き卒業し、就活中!!

色々と変化がありましたが、久しぶりに今年はいい1年だったなぁと
心から思える1年でした。

来年から死ぬまで、ずっとそんな1年だったら良いのに(笑)

それは置いといて、

記念すべき100回目にこれ書いて!!

という希望を募集します(笑)

こんなの書いて欲しいってのがあれば
コメント欄にでも残して下さい!!

100回目って言っても、100回目には書かずに
次の日曜日に書くんで、土曜日までにお願いします(>_<)

何もなければ、サッカーのフランス戦の思い出でも書きます(笑)
まぁ、フランス戦は見てないんですが(笑)

で、今回は病気への対応でも書きます。

前回、前々回の記事で、図書館で1日中勉強していました
って書きました。

そこでのおならへの対応を・・。

自分的には、この図書館の勉強を大学へ入った時の
予行練習と捉えていました。

実際、この頃は大学の授業に恐れを抱いていました。

だって、大学に入っておならばっかりしていたら
高校時代と同じじゃないですか?

また、高校時代のような灰色時代を過ごしたくない・・。
大学こそ楽しく過ごしたい。

だから、この図書館で予行練習をしようと。

人もかなり少ないからどう思われようが構わないし、
本当にダメだったら家に帰れば良いので、
気負わずに出来るなぁと。

で、何をしたかというと、
とにかく昼飯を食べた後に、そのまま勉強するって事です。

これまでの自分は、おならが出ないように
昼飯を食べた後はトイレに行って
おならしたり、大をしたりしていました。

だけど、森田療法的にはそんな事をしたらダメだと。

自分でおならをしないように色々な行動をせずに
そのままの状態で物事に取り組まないといけないと。

この頃になると、午前中はほとんどおならを気にする事は
なくなっていました。

ただ、お昼を食べた後は、おならをしないかどうか
凄く気になってました。

だから、一番症状を気にする午後を何とかしたいってコトで
お昼の後は何もせずに勉強するってことをしていました。

ただ、なかなか難しい。

午後の時間は、勉強しているけど中々頭に入ってこない(笑)

もうおならの事が気になって仕方なくて、
どうしようもなかった。

で、気にすれば気にするほど出てくるもので、
おならが出ない日っていうのは中々なかった。

ただ、この訓練をしたおかげで
おならが出ない日っていうのが出来るようになった。

本当にたまにだけど。

でも、これが凄くうれしかった(笑)

病気になって以来、人前でおならが出ない日なんてなかったから。
これは凄い進歩だった。

ただ、そんな日は2週に1回くらい。

もしかしたら、治るかもって希望を持てるようにはなったけど、
まだまだ大学の授業への恐れは拭えないままだった。

ぶっちゃけ、この頃の自分は大学に行けない自分なんて
あまり想像していなかった(笑)

行けるものだと思っていた。

今もそうだけど、たまに凄い自信があるときがある。

大学に関しては、まさにそれだった。

子供の頃から東京の大学に行くって決めていたので、
絶対に行けると思っていた。

だから、大学の授業についての不安が凄かった。

そんなこと言っても、1月に入ってからの
大学に入れるかどうかの不安は凄いのがあったけどね(笑)

以上で、98回目の記事を終わります。
なんか書いて欲しい事があったら、コメント欄にでも残してね(笑)

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ
posted by 丸 at 01:36| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

2012年10月14日

図書館の1日(9月〜12月B)〜浪人時代7

昨日、久しぶりに缶チューハイを4缶飲んだ。

やめときゃよかった・・。
おかげで今日は、ちょっとダルイ1日になっちゃった。

今は、「ほろ酔い」シリーズにはまっています。

そんな感じで今回の話。

浪人の9〜12月は、図書館で一人で勉強したと
前回の記事に書きました。

そこで、図書館ってどんな人が集まるの?ってとこを
書いてみようかなぁと。

朝9時から開いていますが、自習室に来る人はほとんどいません。

朝9時に来るのは、ホームレスです(笑)
朝方から、空き缶拾いをしていたのでしょうか?
いつもたくさんの空き缶が入った袋を持っています。

3か月も行き続けると、会釈するくらいの仲になりました(笑)

最後らへんは、少し話をするような仲になりましたが、
さすがにこんな状況は嫌だと思い、ある日を境に
話さなくなりました(笑)

そんで、午前中〜午後3時くらいは、
人がポツポツ来るくらいです。

多くて、5人くらいかな。

その中に、中学の知り合いもいたんだけどね(笑)
あいつは、今何をしているんだろう?

俺が大学1年の時に会った時は、
名古屋で期間工をしてたな・・。

そして、午後3時以降は学校が終わった中学生や高校生が来ます。

中間・期末テストが近づくと、
大挙としてやってきます。

まるで、イナゴの大群です(笑)

一斉に来て、テストが終わると一斉に去っていきます(笑)


図書館の自習室に来る人達は、こんな感じでした。

その中で、朝9時〜午後5時くらいまで勉強していました。

だから、この時期にコミュニケーションしていたのは、
たまに自習しに来る友達といつもここにいるホームレスと
家族だけでしたね。

なんて寂しい青春だったんでしょう(笑)

華の10代の最後の1年なのに・・。
輝かしいティーンエイジャーのラストイヤーなのに・・。

こんな灰色模様な日々でした。

で、こんな日々の中で一番大きな出来事は
置き引き犯を友達と捕まえて、
近くの交番に突き出した事。

置き引き犯って言っても、中学生だから
交番に連れて行った時は、なんか悲しい気持ちになった。

この子は、常習犯らしくて交番の人も
「また、お前か!」
と言って、説教し始めました。

しかも、お姉ちゃんも家出で捜索依頼が出ていたらしく、
この子の家庭環境は一体どうなっているのかと思いました。

そんで、この子の将来はどうなるんだろう?
と鬱々とした気持ちになっている時に、

この子のかばんの中から
ナイフやらエアガンやらが大量に出てきた(゜o゜)

一歩間違えていたら、刺されてたり撃たれたりしていたんだ!!

と思うと、鬱々とした気持ちは吹き飛び、
何もされずに良かった!!と安心しました。

まぁ、他人の事よりも自分の事が大切ですね(笑)

次回は、こんな図書館での症状の様子を
書いていこうと思います。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ
posted by 丸 at 19:00| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編

2012年10月10日

治療方針(9〜12月)〜浪人時代6

今日の午後は、ちょっとヒマだったので本屋に行った。
森田療法のコーナーがあるよって聞いたので。

あんまり期待していなかったが、良い本もあったり。

森田療法は、基本的には入院して行うんだけど、
俺の病院みたいに通院して行うところも最近は増えている。

その外来療法について、書かれている本もあったので、
ちょっといいなぁと思ったり。

色々な症例について書かれていたし。

でも、一番心が躍ったのがそのコーナーの下の方に
「夜と霧」という名作が置いてあった事。

これは、WW2の頃にユダヤ強制収容所にいて
生きのびた人が書いている。

どんなに辛い状況でも希望があれば生きていける
って話なんだけどさ。

自分も頑張らないとなぁと思わせてくれる
数少ない本です。
ていっても、頑張らないんだけどね(笑)

で、今回の話。
前回の記事で、とにかく一人で図書館で勉強したって書きました。

その時に症状とどういう風に向き合ったかを書きます。
最近、時系列で行動だけ書いていて、
病気については、ほとんど触れていないので。

自分は、高2の時に森田療法に出会っていたので、
それに沿って自分で自分の治療方針を決めていました(笑)

で、この時に行ったのが

1.毎日、日記を書く
2.毎日、予定を書く
3.週に一回、部屋とトイレの掃除
4.毎日、自分の目標を決める
5.毎日、決まった言葉を口に出す

というものでした。

何でこんなことをしたか??

ざっくりと森田療法の治療方針をいうと、
毎日何かを継続してれば治る
ということ。

それと
やるべきことから逃げない事。

だから、日記と予定を書いて
やることから逃げずに継続しようとした。

勉強を毎日しようとしていたのもその一環。

そんで、森田療法には作業がつきもの。
通院しても、行う事はなにかしらの作業。

それを週一回の掃除で補おうとした。

で、決まった言葉を口に出すっていうのは、
この頃は言葉の力というのを凄く信じていた(笑)

なんか病気は治るって毎日口に出せば
治るんじゃないかっていうノリ(笑)

なんで、そういうことを口に出していた。

目標っていうのは、この頃の自分には
なりたい自分像っていうのが強くあった。

だから、そういう人になるために行動していこうと。
だったら、書いたら忘れないんじゃないかと。
書いたら、そうなるんじゃないかと(笑)

そういう感じで日々を過ごしていました。
まぁ、よくはならなかったけどね(笑)

ていうか、病気を治すんだったら
誰かに病気の事を言うか、固い意志を持たないとダメ。

じゃないと、自分の心の状態に左右されてしまう。

何かやらないといけない事があっても、
自分の調子が悪いと出来ないじゃん(笑)

誰かに言っていたら、それでもやれって言われて、
やらざるを得ない状況になるんだけどさ。

もし、固い意志があれば、
どんなに状態が悪くても
やらないといけない事はやれてしまう。

でも、その固い意志があるって事は、
もう治っていると等しい訳で。

だから、結局は誰かに言わないと病気は
良くならないよ〜っていう話でした(^−^)

次回も、こんな話をします(^−^)

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ


posted by 丸 at 21:40| Comment(0) | 病気との闘い 浪人編