2012年08月11日

森田療法への葛藤(高2・3学期)〜高2−10

なんか最近、無性にオフ会ってやつをやりたくなってきた。
一度経験してみたいなぁと。

場所は、東京か神奈川なんだけどさ。

まぁ、こんな過疎ブログでオフ会に参加する人が
いるか分からないけどさ。

もし、参加したいなぁって人がいたら
コメントなりメールを送ってくれたら嬉しいです。

とても喜びます(笑)

そんなわけで今回のお話。

前回もちらちら書いたけど、
森田療法について色々と分からない事があった。

例えば、自分がやるべき事に集中するという話。

これは、行動の目的をおならをしないことではなく
やるべきことをすることを目的にするということ。

これがどれくらいの程度でそうすべきなのかが
分からなかった。

授業中におならのことを気にせず
授業に集中するということは分かる。

じゃあ、授業前におならをしないために
トイレでおならをすることはいいのか?

授業前の休み時間に友達と話していて
本当はトイレでおならがしたいほど
おならがたまっていた。

でも、やるべき事を第一にと考えると、
ここはトイレに行かず友達と話し続けないといけないのか?

また、朝など時間がなくて飯を食べなかったりする。

でも、ご飯を食べないというのは
おならをしたくないからかもしれない。

だから、無理してでも朝ごはんを
食べないといけないのか?

このように全ての行動に対して
これはおならを意識して行動しているのではないか?
と考えるようになってしまった。

本当は、こんなに神経質に考える必要はないんだけど、
この時は真剣に悩んでいた。

正解は、授業にちゃんと集中して出ていたら、
他の事は気にしなくてもいい

なんだと思うんだけどね。

そんでもって、おならをしている事に耐えながらも
授業や学校に行き続けないといけないと言われたのが、
結構きつかった。

そんなんできるわけないやん(笑)

でも、言われたからには
やらなければならないと思って、
どうにか我慢していた。

我慢していたけど、我慢して良い事がないと辛い。

だから、授業中に机に正の字で
おならをした回数を書いていた。

今日は、合計20何回しかしなかったとか
そんなことで喜んでいた。

まぁ、すぐには良くなる事なんてありえないから
全然回数は減らなかったけど。

この回数が減らなかった事が
カウンセリングを途中でやめるきっかけになった。

だって、効果出てないじゃん。
こんなに辛いのにとか思ってた。

そんな感じで疑問を持ち続けていた。

まぁ、今でも信じている訳ではないけどね。

 今は、普通の生活を自分のペースでしよう
ってだけ考えている。

バイト行って、学校行って、就活して。

一般人と同じような生活をしていたら、
多忙のあまり病気の事を考えなくなるし。

人間は、環境適応能力もあるから
いつかは一般人と同じ生活にも慣れるだろう。

そう考えながら、日々生活しています。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

氣志團 One Night carnival



posted by 丸 at 17:47| Comment(0) | 病気との闘い 高2編

カウンセリング開始(高2・3学期)〜高2-9



最近、バイトの居酒屋に新しく入った子から
怖いって言われた(笑)

全然優しいのになぁ。

確かに昔、
殺し屋の目つきをしている
って言われたことあるけどさ(笑)

中身は優しいよ?きっと、多分・・

そんなことは置いといて、今回から3学期編へ。

3学期の1月からネットでメールカウンセリングを始めました。
始めた理由は、良く分からない。

でも、切羽詰まっていたから始めたように思う。

症状は段々悪くなるし、
学校には行かなくなるし、
友達はいなくなるし。

このままじゃまずいと感じたんだろう。

そして、病院に行くのは凄い抵抗があった。
もう自分は一般人じゃない
病人なんだと自覚させられるから。

それに、自分の症状を面と向かって
伝える自信もなかったし、
伝えたくなかった。

出来れば、周囲に病気だったと伝えずに、
治るのが理想だった。

そんな事を思っていたから、
病気が長引いたんだけどさ(笑)

だからネットで調べて、
カウンセリングもできるところがあったから
そこでメールカウンセリングをすることにした。

そこは、森田療法を行っている所で、
月に1回森田療法についての解説が送られてきて、
あとは2週に一回毎日の日記をメールで送るだけ。

で、日記に対してこうした方がいいよって
アドバイスをくれるってシステムだった。

その時の日記は、高2編のカテゴリーで
公開しているから、詳しく書かないけど。

で、このカウンセリングを受けて
まず実行し始めた事。

それは、おならが出そうになっても
気にせずにやるべき事をやるってこと。

授業中におならがでても、
そんなことは気にせずに授業に集中する。

学校に行きたくないと思っても、
そんな事は気にせずに学校に行くってことだった。

なぜなら、学校に行きたくないってことも
原因はおならをするからだから。

まぁ、難しかった。

だって、おならがでているのに
無視してやるべき事に集中できるはずもない。

だけど、そうしろって書かれているから
やるしかない。

だから、嫌々ながらも行なった。

そんな感じで辛いままだったけど、
未来が見えてきた気がした。

もしかしたら、病気が治るんじゃないか?
と暗い生活の中から
光が見えてきた気がした。

もちろん、森田療法が説く

症状がでてても気にせずにやるべきことをやれ
そうすると、自然に治る

っていうのを100%信じたわけではない。

だけど、病院に行く勇気もないし、
薬を飲む勇気もないし、
そう考えるとこの教えを信じてやるしかなかった。

あとは、もう自分の症状について
あれこれ調べたくなかった。

症状について調べれば調べるほど
自分が病人である事を
強く自覚しなければならないから。

そんな苦痛からは逃げたかった。

そんな感じで、おならをするかもしれないという
恐怖感から行っている様々な行動をやめたけど、
学校を休む事だけは止めることが出来なかった。

だって、学校に行っても
楽しくないし。

行く度におならを出して
恥をかくだけの場所には
出来れば行きたくなかった。

このときに、きちんと学校に行き続けていれば
すぐに治ったかもしれないけどさ。

カウンセリング自体は高校3年の4月まで
行なった。

だけど、これではあまり
良くならなかった。

どうやったら、治るかっていう
道しるべにはなったけど、
あまりにも当時の自分にはきつすぎた。

一人ではどうしても森田療法の教えを
やり続ける事が出来なかった。

だから、自分の症状が良くなるのは
大学1年の春休みまでかかった。

よくなったといっても、
半分くらい治ったってだけなんだけどさ。

これで今回はおしまい。

 ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

大空と大地の中で   (松山千春)

posted by 丸 at 12:15| Comment(0) | 病気との闘い 高2編

幽霊とかご飯が食べられないとか

最近気付いたけど、YAHOO!で
「森田療法 ブログ」
と打てばこのブログは一番目のページに出てくる。

あと、「幽霊」とか「飯が食べられない」とか
そういうワードでググると、
2ページ目に出てくる。

よかったら試してみてください(笑)

だけど、「幽霊」とか「ご飯が・・」みたいなワードで
検索している人には
このブログはあってない気がする。

森田療法で検索した人も
合っているか分からないけど(笑)

幽霊の事もご飯が食べられない事も
結局は時間が解決するよ的なことしか書いてないから。

幽霊については悩んでいるじゃなくて、
興味本位かもしれんけど。

どっちにしても、どうやったら解決するか分からないよね〜(笑)

ご飯が食べれないなんて、
食べられなくても死にそうになったら食べるよ
としか思えないし。

3日間くらい食べなくても人は生きていけるし。

だから、一回食べないと死ぬ一歩前まで
食べるのを我慢してもいいと思う。

そしたら、勝手に食べると思う。

だから、食べられないことを気にしないこと。

食べられねぇ〜と思うと余計食べられなくなるから、
いっそ食べなくても生きていける事に感謝した方が良いかも(笑)

食費は浮くし、やせるし、デトックスは排出されるし、
良い事ばっかし〜(笑)

プチ断食しているんだと思えばきっと乗り切れます。

もし食べなくて倒れても
病院行けば栄養剤打ってもらえるしさ。

とかなんとか言ってみましたが、
神経症の自分でも、ごはんが食べられないって人の悩みには
そんなの甘えだろとしか思えないわけで。

結局、心の病気に関しての悩みって
他人とは共有するのは難しいんだろうな。

ご飯が食べられなくて悩んでいる人は
カウンセリングに行った方がいいと思います。
 
早めに対策しないと、
長引いてしまいますよ。
 
あと、幽霊に関しては、
自分は今でも幽霊を見ます(笑)

調子が悪くなったら、見える。
一昨日にみたかな(笑)

幽霊が見えたら、
今の自分の精神状態はよくないんだなと思って、
きちっとした生活を送るように心掛けるようにしている。

だから、幽霊が見える事は調子のバロメーター。

今では、少しだけ幽霊が見える事に感謝している。
見てしまったという恐怖で正常の生活に戻るきっかけを
作ってくれるから。

最近では、俺がみているのは幽霊ではなくて
怒っている守護霊かなぁとも思っている。

「もっとしっかりしろよ!!」

というゲキを飛ばしているんじゃないかと。

そして、俺は女の幽霊しか見ないから
きっと守護霊は女だな(笑)

もし、俺がニートとかになったら
この守護霊に呪い殺されそうな気もする(笑)

もっとちゃんとした人間にならなきゃな(笑)

自分の事は置いておいて、
幽霊とは何か?ってのは気になる。

最近は、幽霊っていうのは
「念」しかもっていなくて
幽霊を見ている人が見たいように見えるんじゃないかなぁと思っている。

幽霊を見える人が最も怖いと思う姿で見えるんじゃないかなぁと。

本当は良く分からないけどさ(笑)

まぁ、幽霊がいようがいまいが
そんなのどうだっていいもんね(笑)

俺はオカルトが大好きだから、
ロマンとかお楽しみとして残していこう。

でも、幽霊が見えるのは、
当事者にとってはめんどくさい事なんじゃないか
と思います。

好き好んで見ている人なんて
いないような気がする。

見えないのが見えるようになるなんて
別にいいことじゃないしね。

これが商売にでもなれば別だけどさ(笑)

俺も生活に困ったら、
霊能力者としてテレビに出るくらいまで
頑張ってみようかな(笑)

最後に、
「元気になる気なんてない」でググっても
2ページ目に出てきます。

それでググった人は、
とにかくきちっとした生活を
送りましょう。

元気かどうかなんて
考えるのをやめましょう。

そうしたら、いつかふとした瞬間に
俺って元気になったかも
と思える日が来ますよ。

学生の俺が言っても
説得力がないんだけどさ(笑)

どうでもいいけど、
俺が60年代に生きていたら、
間違いなく学生運動に参加していたな。

70年代に生きていたら、
間違いなくヒッピーになって、
大麻とか吸って、ラリってただろうな(笑)

バブルに生きていたら、
アッシー君だな(笑)

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

YOU THE ROCK - HOO! EI! HOO! '98

posted by 丸 at 07:45| Comment(0) | どうでもいい話

勉強の話(高2・2学期)〜高2―8



最近、生活がめちゃくちゃ不規則だった。

朝に寝て、夕方に起きてバイト行っての繰り返し。
今日、ようやっと生活が規則的に戻った。

ちょっとずつ自分のペースを取り戻そう。

そんでもって、今回は勉強の話。

ガスおなら恐怖症になってから、全くといっていいほど
勉強が出来なくなってしまった。

授業中はもちろんおならのことばっかり気になり
勉強に集中できないし、
家に帰っても勉強が出来ない。

なぜなら、学校生活で神経をすり減らしているから。

いかにおならをしないで過ごすかに
かなりの神経を使っていた。

そして、おならをしてしまったら、
した事に対して悔しさや悲しさやみじめさといった
感情が揺れ動くので、それでも疲れてしまっていた。

学校から帰って、昼寝しようとすると
100%金縛りにあうくらいには疲れていた。

昼寝もできないもんだから、
学校がある日は9時には寝てしまうくらい疲れていた。

そして、病気になってからついた逃げくせ。

辛いことからすぐ逃げる
やらないといけないことからすぐ逃げる癖がついた。

そして、不安感。

現在最も自分を悩ませている
症状の一つもこの頃から出ていた。

何かに対して漠然とした不安感を抱えてしまうと、
何もできなくなる。

不安にばかり目がいってしまって、
やらざるを得ないことが出来なくなる。

以上のことが積み重なり、
全く勉強が出来なくなってしまった。

テスト前など特に勉強できなかった。

テストに対する不安感からまともに勉強できないし、
やらないといけないことから逃げる癖もついたから、
すぐ勉強から逃げてしまった。

そして、この時期の定期テストで
ついに学年最下位をとってしまった。

というか今まで最下位をとらなかったのが謎なだけで
いつかはとるだろうなと思っていたけどさ。

成績も学年最下位だった。

つまり、学年で一番の落ちこぼれになっていた。

このあとからは、安定して最下位から5番目の間には
入っていた。

自力では勉強できないし、
もちろん塾にも行けない。

なぜなら、おならの事でこれ以上悩みたくないから
人がたくさん集まるところに行きたくなかったので。

こんな自分が大学に行けたのは、
親が頼み込んだ家庭教師のおかげ。

この人がいなかったら、多分高卒のままだった。

だって、英語のセンター試験100点位をさまよっていた人間を
3日間で安定して160点をとれるようにしてくれたから。

その分、勉強もきつくて
朝の9時くらいから夜中の3時くらいまで
平気で勉強していた。

でも、その話は浪人時代で。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

ガガガSP「京子ちゃん」

posted by 丸 at 07:02| Comment(0) | 病気との闘い 高2編

2012年08月10日

学校生活(高2・2学期)〜高2−7

今日も2つ更新出来た。
この調子で続けていければいいなぁ。

絶対出来ないんだけど(笑)

前回は、症状について書いたので、
今回は具体的にどんな学校生活を送ったのか
について書いていこうと思います。

この記事で、学校に行かずに映画を見ていたって話はしたので、
別の話を。

このころになると、人と一緒にいるのも嫌だった。

特にご飯を食べた直後。

ご飯を食べる=おならがでる

って考えがこびりついていた自分は、
ご飯を人と一緒に食べるのが嫌だった。

だから、ご飯を食べる昼休みの時間をいかに
人と過ごさないかを考えた。

結果、たどり着いたのが学校から抜け出して
どっかで飯を食う事。

昼休み前の授業が終わり次第、
学校から抜け出して、
飯を食べる。

なんというバカな行動をしているんだと
今になったら思うけど、この時は真剣だった。

人と一緒に飯を食ってもおならが出てしまうし、
人と同じ空間で飯を食っていても、おならが出てしまう。

人がいるところで飯を食べるのがダメだった。

一人で学校を抜け出して、
川のほとりに行ったりして
一人さびしく飯を食べていた。

かなり寂しかった。

けれど、こうするしかないんだよなって
自分に言い聞かせていた。

で、そうこうしているうちに、
学校から抜け出す事に抵抗がなくなって、
授業も出たくないと思えば、出ないようになってしまった。

おならが出そうだなぁと思えば、授業にでないし
学校に行きたくないと思えば、学校にすら行かない。

典型的なダメ人間だった。

こんなことをしているんだから、当然出席日数が足りているはずがない。

でも何故か進級できた。
単位は一つ落としたけど。

先生側も自分への対応に困っていて、進級させてくれたのかな。
良く分からないけど。

ていうか、こんなに授業中におならをだす生徒がいたら、
先生も何か対応するべきなように思う。

親を呼び出して、それとなく伝えるとか。

だって、こんなおならばっかりする生徒、普通はいないでしょ?
なんか変だなぁとか思わないのかなぁ。

今となっては、もうどうでもいいけどさ。

先生たちもこんな異常な生徒と
関わるのがめんどくさかったんだろう。

ブログランキングに参加しています!ぽちっとしてくれると、すごく嬉しいです!

人気ブログランキングへ

君と羊と青 RADWIMPS

posted by 丸 at 04:40| Comment(0) | 病気との闘い 高2編